コーヒーブログ

“De” の cafe

珈琲と言えば、
カフェインというイメージのある方がほとんどかと思います。

カフェインは、世界で最も広く使われている精神刺激薬であり、
ヒトに対して興奮作用を持っています。

コーヒーや紅茶にはカフェインが含まれるのは、皆さん周知の事実ですね。
しかーし、
カフェインを避けないといけない時、
取りすぎないようにしないといけない時、
妊娠中や授乳中、
アレルギーなど、
珈琲は飲みたいけど、カフェインがね、、、
っていう時あると思います。

そんな時にオススメなのは、
デカフェのコーヒー。

「え?デカフェあったの?」
と言われることも今だにありますが、
デカフェのコーヒーはロストロに取り扱いございます。
もちろんですが、隣の焙煎所で焙煎しております。

デカフェとは、
もともとカフェインのあるものをなんらかの方法で、
カフェインを取り除いたもののことを指します。
ほぼほぼないですが、100%ないというわけではありません。
ヨーロッパでは、デカフェの定義として、
99%カフェインのないものでないとデカフェとは言えないようですが、
日本には明確な決まりはないようです。

カフェインレスという言い方もありますが、
これは、もともとカフェインの含有量が少ないものを指すそうです。
これもまったくないというわけではないようです。

カフェインのないもののことはノンカフェインと言うそうです。
もともとないものですね。
ロストロの商品でいうとフルーツハーブティーが当てはまります。


ぶどうやりんごオレンジなどのフルーツとローズヒップやハイビスカスなどを
ブレンドした甘酸っぱいフルーツティです。
ホットで飲んでもアイスでもとても美味しいです。

ロストロのデカフェのコーヒーは、二酸化炭素でカフェインを除去する方法
「超臨界二酸化炭素抽出」
のものを使用しています。

珈琲の生豆を高圧の二酸化炭素で抽出してカフェインを除去する方法です。
豆に負担をかけず、カフェインだけをねらって取り除くので、
珈琲の味や香りの成分を逃しにくいと言われています。

他にも、水で抽出する方法や薬品をつかったカフェインの除去方法があります。

左が普通のカフェインありの生豆で、
右のがデカフェの生豆です。
ちょっと黒っぽい色してますね。

それを焙煎すると、

こうなります。

デカフェのコーヒー豆は、
しっかり深めの焙煎で、コーヒーらしい苦味とコクを感じられるように焙煎しています。
デカフェだから物足りないなんてことはまったくありません。

コーヒー飲みたいけど、
ちょっとカフェイン控えたいな、、、
という時は、
普通のコーヒーとデカフェを混ぜて飲むのもオススメです。

しっかり深めの焙煎のデカフェには、
すこし浅めの焙煎の豆をまぜると柔らかい飲み口になります。

ロストロのブレンドではAvanti Antonioがオススメです。
こちらは半々でブレンドしたものを店頭でも販売していますので、
気になる方は是非お試しください。

もちろんデカフェの豆も販売しています。
在庫が不安定でしたので、
現在までネットショップでは販売しておりませんでしたが、
デカフェもネットショップで販売開始いたします。

ロストロショップ
https://rostro.thebase.in/

ぜひ、お試しくださいませー。

表コンテンツ