コーヒーブログ

【コーヒー専門店直伝!】コーヒー豆の適切な保存方法について

自宅で過ごす時間が増え、おうちでコーヒーを淹れる方も多くいらっしゃるかと思います。店頭で豆の販売をしている際によく聞かれるのが、「豆はどうやって保存すれば良いですか?」という質問です。
今回は理由を含めてコーヒー豆はどのようにして保存するのがベストなのか、詳しく説明していきたいと思います。

自分好みの飲み頃を知る

まず大事なのは、自分好みの飲み頃を知ることです。コーヒー豆は生鮮食品なので鮮度が大事なのですが、焙煎してから日が経つにつれ、空気と触れ合い熟成が進み、味も変化していきます。

我々の感覚では、焼きたてよりも数日間置いた豆の方が、味が落ち着いて美味しくなる印象もあります。ただコーヒー豆の焙煎度合いによって適切なエイジングの期間は変わってきます。浅煎りよりも深煎りの豆の方がガスを多く含んでいるので、味を落ち着かせるのに時間を要します。

大体どこのお店も焙煎された日付をパッケージに記載していると思いますので、その日付を基準にして、焙煎後3日目の味と、1週間後の味と、10日目の味と、是非比べてみてください。
自分好みの飲み頃だと思ったら、そこで冷凍して熟成のスピードを緩めましょう。
コーヒー豆の保存に冷凍がおすすめの理由については、下で解説します。

保存する際の重要なポイント

コーヒー豆をご自宅で保存する際に重要となるポイントは、高温多湿な環境と光を極力避けることです。高温な環境や紫外線にさらされていると、劣化するスピードが速くなります。またコーヒー豆には目に見えない繊細な穴がたくさん空いており、この穴から湿気を吸込みます。湿気ってくると、香りや風味が段々飛んでいってしまいます。
なので、高温多湿を避け冷暗所で保存しましょう。焙煎後2週間程度であれば常温でも問題ないかと思いますが、それ以上保存される場合や好みの飲み頃を維持したい場合は、密閉容器に入れて冷凍保存されるのが良いでしょう。

冷蔵庫よりも冷凍庫の方が温度が低いので劣化するスピードを抑えられます。また焙煎したコーヒー豆は炭なので、他の食材と一緒に保存すると、その匂いも吸収してしまいます。ですので、パッキンが付いている密閉容器や、空気が抜けるジップロックに入れて冷凍庫で保存するのが望ましいです。いずれにしろ、何か月もの長期間の保存はなるべく避け、短期間で飲み切れる量をこまめに購入されることをお勧めします。

またコーヒーは豆の状態で購入して、淹れる直前に挽いて飲むのがベストです。挽いて粉の状態になると、表面積が増えて酸化が急激に早まり、香りも抜けやすくなってしまいます。粉の状態で購入される場合は、密閉容器に入れてなるべく冷凍庫で保存し、早めに飲み切るように心がけましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
コーヒー豆の保存についてポイントをまとめると、

① なるべく早く飲み切れる量を都度購入する
② 長期保存する場合や粉の状態の場合は密閉容器に入れて冷凍庫で保存する

ざっくり以上の2点です。
個人的には、1,2か月で飲み切れるのであれば、そんなに気にせず直射日光が当たる場所だけ避けてもらえれば、品質に大きな影響は無いかと思います。

それでは各々ご自宅でのコーヒーライフを楽しんでくださいませ。