ALL SPECIALTY COFFEE

ROSTROで使用するコーヒー豆はすべてスペシャルティコーヒーです。

生豆へのこだわりはスペシャルティコーヒーの生みの親であるErna Kuntsen女史との出会いがきっかけでした。創業時にロストロ代表の清水は厳しく格付けする女史に感銘を受けて師事し、彼女から生豆の良し悪しの基礎を学びました。女史のコーヒーへの情熱はロストロの味作りへと受け継がれています。


*スペシャルティコーヒーの起源

コー ヒー生豆の末端の生産者たちに正当な対価を支払わず、 大規模な農園経営者や商社などによるマネーゲームが横行している中、
米 国のErna Kuntsen女史が 1978 年にフランスで行なわれたコーヒー国際会議で 使用したのが 起源といわれています。 それまでコーヒーの生豆の取引には味での指標は特にありませんでした。 簡単に言えば、「個性のある美味しいすばらしいコーヒーには、スペシャル ティーコーヒーと 名付けて正当な対価を払いましょう」ということです。 そうしないと農園者たちはやる気も出ないし生活も出来ません。 コーヒー生豆を売り買いする商社やコーヒーを液体にして飲ませて提供している人たちがボロ儲けをしてしまっていては、 サスティナビ リティー(持続可能)なマーケットではありません。 いい物を作る人にはきちんとその分の対価を払うようにしなければなりません。 『スペシャルティコーヒー』という名称はそんな生豆に対して、美味しいものとそうでないものとの違いをわかりやすくする為の名称です。


*スペシャルティコーヒーの定義

現在、世界共通のスペシャルティコーヒーの定義というものはありません。国によって定義は異なります。

ですがほとんどの世界でほぼ共通の指標となっているのが以下の6点です。
①美味しいコーヒー:SCAA スコア 80 点以上

②味として古くない。(味に問題なければいつの豆でも OK)

③味として雑見の混入が極めて感じられない(クリーンカップ)

④フレーバー(個性的な香り)がしっかりとある。

⑤見た目で変な豆(虫食いなど)やゴミの混入が極めて少ない。

⑥トレースできる(出所が分かる)。

*SCAA : Speciality Coffee Association of America

 


*ロストロのスペシャルティコーヒー

Cafe Rostroのブランドとして使用される生豆は、

スペシャルティコーヒーの指標をクリアしたものであることはもちろん、

Qグレーダーの資格を持った焙煎師が再度テストを行い、テストをクリアした生豆のみ使用します。